pajamania.com - 海外ドラマにも登場!Nick&Noraブランド紹介トップページ
 -
 - カテゴリー  -
 1
N&N FLANNEL (6)
N&N COTTON (13)
N&N Kids_Baby (13)
N&N ETC (3)
CANYON-DEMI (2)
CANYON-PLUSH
LOVELETTERS (20)
BH for MEN
BH FLANNEL (7)
BH SATEEN (14)
BH COTTON (14)
BH VOILE (4)
Aegean Apparel (2)
Tepper Jackson (8)
The Cats Pajamas (24)
FUN WEAR (59)
Mary Green (9)
YANKEE CANDLE (27)
Clearance Sale (6)
 1
 - お買い物について  -
 1
お支払いについて
配送・送料について
ギフトラッピング
ポイントについて
返品・交換について
お知らせメール
Q&A(よくあるご質問)
 1
 - インフォメーション  -
 1
アカウントについて
セキュリティについて
動作環境について
法律に基づく表示
お問い合わせ
メディアの皆様へ
会社概要
 1
 - 商品検索  -
 1
 
キーワードを入力して商品を検索できます。
詳細検索
 1

















 


1973年、ニューヨークのマンハッタンでヴィンテージ洋服店を始めたLinda.R Tipper とSteve.M.Abramsは、様々な活動でファッション業界から注目を集めスリープウェアブランド「Nick&NoraR」を立ち上げました。高級なシルクのパジャマの流行、また「パジャマ」というものを着ない人も増える中で、"人々はCozy(心地のよいもの)を求めている。Basicなものにかえろうとしている。"というコンセプトのもと、 ただ着心地が良いというだけでなく人々を楽しませるデザインのパジャマを提案し続けてきました。 彼らの生み出した柔らかなコットンパジャマは、「アリーmyラブ」や
「ザ・ソプラノズ」「バフィー」「ドゥリュー・キャリー・ショウ」などの人気TVドラマから、「アメリカン・ビューティー」「ストーリー・オブ・ラブ」といったハリウッド映画の中、さらにはプライベートでスター達に
着られるパジャマとして有名になりました。    




Linda.R Tipper と Steve.M.Abrams
Nick&Noraのデザイナー、リンダ・テッパーのファッション業界への進出は、1970年代にニューヨークアッパーイーストに心地よい生地とクラッシックな雰囲気をテーマとした洋服店をオープンしたことから始まります。"The Ruby Slippers"という名のこのアンティークショップは大成功、次にテッパーは「Shady Character」という会社を立ち上げました。シャディーキャラクターズ社では帽子、ベルト、サングラス、サスペンダー、シルクのスカーフ、ポートフォリオケースからサスペンダーなど男性向けアクセサリーをデザイン、販売していました。特にサングラスに関しては、ジェームスディーンのサングラスとフレームの独占ライセンスを結ぶほどビッグビジネスとなります。

これら男性用アクセサリーをデザインしていたテッパーですが人々が今までにないタイプの服飾デザイナーを待望していると感じ、「Shadow Boxer」という新ブランドを立ち上げ男性向の
室内着とスリープウェアをスタートさせます。
しかし・・・しばらくしてからテッパーはあることに気づきました。彼女がデザインしたボクサーショーツやスリープウェアが男性だけでなく、女性にもとても人気があったのです。「JCペニーで売っているような、ポリエステルとコットンを織り交ぜた安めのパジャマと、ブルックスブラザーズで売っているような高級なシルクのパジャマはあったけれど、その中間のようなものは何もなかったのよ。」と、当時を振り返ります。

ティッパーはすぐに女性のためにサイズダウンしたボクサーショーツやパジャマ、ローブなどを作ります。そして、これらの商品は”心地よいもの”を待ちわびていた 女性たちに絶大な支持をうけ、ブルーミングデールズ、ノードストローム、 メイシーズ等の大型デパートから、サタデーナイト、スリップイントゥサムシングなどの専門店、さらには海を越えヨーロッパでも取り扱われるようになります。全てのデザインと生産を担当していたテッパーは、1986年には男性向けの外着と部屋着で トミーアワード賞を受賞するなど数々の栄光を手にしました。

その後、テッパーとアブラムスは自らのブランドを他のボクサーショーツメーカーとの混同を避けるため、ダシール・ハメットの小説 『The Thin Man/影なき男』 に登場するマンハッタンのアマチュア刑事夫婦、ニックとノラに大いなる敬意を表してブランド名を Nick&Nora® に改名します。これを機に、テッパーは、ノスタルジアを吹き込んだテキスタイル商品を次々と生み出していきます。ベーコンエッグをモチーフにした「Breakfast in Bed」、今やNick&Noraのトレードマークともいえる「Cloud Nine」、「Counting Sheep」、 ナビスコ社とNik&Noraのダブルネームによる「Oreo」や「アニマルクラッカー」などオリジナリティー溢れるデザインで多くの人を虜にしました。
そして大ブレイクの97年。世界中で放送された大人気ドラマ「アリーmyラブ」で主人公、キャリスタ・フロックハートがCounting Sheep/Cloud Nineのパジャマを着たことから、人気にますます火きがつき、その勢いは世界中へと広まります。

リンダ・テッパーはこう語ります。「みんなベーシックな物に帰ろうとしているのよ。シルクやポリエステルには、飽き飽きしている。男の人も女の人もみんな快適に過ごしたいと思っているはずじゃない! それにはオールドファッションなコットンが一番いい、ってことに気づいたのよ。」 と。



根っからのニューヨーカーであるテッパーは、いつもクロスオーバーファッション(性別にとらわれないユニセックスなファッション)を身にまとっています。「あんまり女っぽい格好はしないのよ。なぜって私は男性向けの服が好きだし、それが廃れないスタイルだと思っているわ。」




CountingSheep™ を着るカリスタ・フロックハート
Breakfast in Bed™ を着るクリスティーナ・リッチ





 
 
NICK&NORAが登場している海外ドラマ・映画
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
     
         
ここに掲載されている画像は、Nick&Nora® / Shady Characterが各映画、ドラマ会社との利用契約締結の上、pajamania.com / Junix International Co.,Ltd.へ契約の上提供し、pajamania.com / Junix International Co.,Ltd. が掲載しているものです。 許可のない場合、いかなる形でもコピー、再出版、アップロード、掲示、電送、配布することはできません。 ご利用になりたい場合は pr@junix.net までご連絡ください。
 
NICK&NORA エピソード

 
NICK&NORAディレクタ-:アブラムス と デザイナー:リンダ
【PEOPLE 5/18/98】 
When Ally McBeal's writers decided to have the show's star, Calista Flochhart,
get jiggy with an imaginary dancing baby,they had no idea they would come up withtheir series' most talked about episode. And when Loree Parral,costume supervisor for the FOX hit,chose the clou and sheep pajamas Ally wore in the scene ,she,too,was clueless about what she was onto.
"I showed them to Calista," says Parral,"and she started laughing.She said,
'Oh,my gosh,Ijust got a pair of these for my birthday .I love them.'"



『アリーmyラブ』 の脚本家が、主人公にカリスタ・フロックハートを選んだ時、全話を通して

 ”ダンジングベイビー”のエピソードが一番話題にあがる事になるとは夢にも思いませんでした。
また、FOXの衣装担当のローリー・パラルも同様に、雲とヒツジのパジャマが全米中の話題に
なるとは考えていませんでした。

衣装担当のローリー・パラル
は当時のことをこう語ります
パジャマをキャリスタに見せたら彼女、笑い出したの。          
「ウソ?!このパジャマ誕生日にもらったわ。これ大好きなの」 って。
 

(本文記事より・・)
リンダ・テッパーとスティーブン・アブラムスらによって作られる「Nick&Nora」の
コットンフランネルパジャマは、今やハリウッドのスリープウェアになりました。いくつものデザインが、『フレンズ』 や 『サイビル』 等の劇中に出てきたり、シルベスタ・スタローンや クリント・イーストウッドへの贈り物になっています。

『フレンズ』 のテーマソングで有名なソングライター、アリー・ウィリスは
「この大胆なデザインとよくわからない感じが最高だ!」 と、言います。

テッパーは別段と驚きもせず、 「おもしろい柄でデザインすればみんな好きになってくれる。って
わかってたのよ」 と、言います。現在テッパーがデザインし、アブラムスが経営を担当しています。

「私は楽しいから人のためにデザインしたい。真面目になりすぎるのは好きじゃないから。」
とテッパーは言います。

 
私たちはパジャマを作ることに責任を感じているの。
この二人は十分にその感情を味わったことがありました。
1995年、アブラムス氏は非ホジキンリンパ腫に悩まされています。
生きるか死ぬか・・50%の確率だと宣告されてから、彼はニューヨーク市内の病院で
一ヶ月間、肝細胞移植を経験しました。
Nick&Noraの個性的で粋なパジャマに身を包みながら・・・

Nick&Noraの衣服は病院のスタッフに驚かれます。
人々はみんな僕を廊下で呼び止めては、「どこでそのパジャマを買ったのか?」
って聞くんだ。あと少しで病院にパジャマ屋を開業できるところだったよ(笑)
と、アブラムス氏は話します。
彼のパジャマの評判とはうらはらに、肝細胞移植はうまくはいきませんでした。

担当医がガン細胞が広がっていることに気づきました。
アブラムス氏は現在も、ビタミン療法と化学療法で治療を続けています。

" あのときは僕らにとって最悪の時だった。でも同時に最高の時でもあったんだ。
あの体験が僕たちをもっとNick&Noraに集中させてくれたんだ。 "
 
 
さらに詳しく・・
 
 素材・品質について 
 TV・映画登場リスト
 海外の雑誌・カタログ掲載
 ダラスファッションアワード受賞
 NICK&NORAプロモーション動画  ブロードバンド環境でご覧ください
 NICK&NORAはこんな所〜♪(NYレポート)
 スタッフのニューヨークPhoto集
 
 - カートの中身  -  -
 1
カートは空です
 1
 - ポイント  -
 1
お客様の現在のポイントを確認するにはログインしてください。
 1

About NICK&NORA

About NICK&NORA
 -
 ---
All images & copy are the exclusive property of pajamania.com.
 
Copyright (C) 2002-2014 Junix International Co.,Ltd. : pajamania.com
 ---